VIOのカミソリを使った処理の仕方

VIOが気になるけれど、処理の仕方がよくわからないという人もいるでしょうが、カミソリを使って自分でできるVIOの処理の仕方があります。 VIOは毛が太く、皮膚がとてもデリケートな部分です。

処理を行うときには細心の注意が必要
肌トラブルを避けるためにもカミソリは使う前にきちんと洗浄し、清潔なものを使うようにしましょう。
また、使い捨てカミソリを何度も使用すると、切れ味が悪くなってしまい肌への負担が大きくなることがあります。
切れ味が落ちる前に新しいものと交換するようにしましょう。
VIOの処理を始める前に、どのような形に処理するかを考えておくと良いです。
処理を始める前には肌を清潔にすることも忘れないで
処理のタイミングとしてはお風呂上りに行うのが肌も清潔ですし毛が湿っているので良いです。
処理する際には、クリームやシェービングローション、泡だてた石鹸などをつかうように、肌の負担を軽減させるためにもから剃りは避けましょう。
また、埋没毛になりやすいので逆剃りも避けてください。
毛の流れに沿って上から下に向かって処理することが大切です。
処理が終わったら、きれいに洗い流して清潔なタオルでふき取り、化粧水やローションなどでしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。
VIOに限らないことですが、脱毛は肌に負担をかけるものです。
処理後のケアを怠るとトラブルが起こりやすくなってしまうので注意しましょう。



もっと知りたいVIOのムダ毛処理

VIOは、デリケートな部分ではありますが、下着や水着を身に着けたとき、アンダーヘアがはみでてしまうことがあるため、処理をしている人も多い部分です。
しかし、肌が薄く敏感な場所であり、複雑な部分でもあるため、処理には十分気を付けなければなりません。

カミソリやシェーバーを使用したケアが手軽ですが、 剃り方に注意しながら行ってください。

VIOのケアをする前にまず、お風呂によく浸かる、温かいタオルをあててしばらく置くなどして、毛や皮膚を柔らかくして傷つきにくくします。
シェービングする前には、肌への負担を考え、剃る部分にシェービング用のムース、ジェル、クリームをつけます。
シェービングする際は、カミソリではなく、電気シェーバーを使用すると、肌を傷つけてしまうなどの危険性が低くなります。
VIOやデリケートゾーンは平面ではなく入り組んでいるので、ペンタイプのシェーバーであれば、細部まできれいに剃ることができます。

シェービングの注意は?

シェービングは、毛の流れに沿い、必ず上から下に向かって剃りましょう。
VIOは、毛の流れがあり、上から下に流れているため、下から上に剃ってしまうと引っかかって肌を傷つけてしまったり、流血してしまう恐れがあります。

IラインとOラインは、開脚して、なるべく平面になるようにし、見えない部分は鏡を使って慎重に処理を行います。
VIOの脱毛は、手間と煩わしさがあるので、エステサロンや医療機関の脱毛施術を受けるという方法もよいでしょう。

注目の記事!